<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カテゴリ


新しい記事


過去の記事


リンク
サイト内検索
お知らせ
PROFILE
新しいコメント


ペットボトル 形状 についての考察

今までの結果を基に少し考察してみる。

今日は ペットボトルの形状 について。

捕まえやすさからいうと丸くて引っかかりの殆ど無いものが理想的なのだが、何故かスズメバチは六角形に加工してあるペットボトルに好んで入る。防衛本能が ツルツル滑って引っかかりのないものを避けさせるのかもしれない。

例をあげると六角形なのは 大塚製薬 の ポカリスェット の1.5Lボトル。丸いのは サンガリア の ラムペット など。ただし丸くてツルツルのペットボトルにはあまり入らないが入った後の逃げ出す確率は低い。

結果から見ると捕獲数は2倍から3倍違う。今日の結果をみると
丸1・・・1匹・・・ほとんど窓に位置
丸2・・・3匹・・・軒の樋に近い位置
六角・・・5匹・・・軒の真ん中辺たり
つり下げている場所も関係あると思うので明日は位置を変えてみようと思う。
| スズメバチ > 研究と考察 & 裏技 | 18:05 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/kenkyu/eid94.html

裏技 - スズメバチ の 巣 を 格安 で 駆除 して貰う 方法

実家の大スズメバチ の 巣 実家の大スズメバチ の 巣
写真は今年の夏、妻の実家で撮影した大きなスズメバチ の巣です。大きい方は何年か前に駆除して貰ったものこの時はかなりお金がかかったそうですが、今年、出来たまだ小さい方の巣は格安の1000円で駆除して貰いました。その裏技は・・・、

「蜂の巣(蜂の子)をいただく替わりに1000円で良いです」

と言うことだったそうです。蜂の子の餌を扱っている業界の人じゃないかと思います。鯉の餌とか、釣り用の餌にもなるそうです。「アメゴを釣れば入れ食いなんですが・・・」とありました。
※皆さんもそういう人を探して取って貰うのが一番安上がりです。(自分でやるより絶対安いし・楽だし・安全です)

※なおこちらの写真は前のデジカメの12倍ズームで望遠撮影したものです。ちょっとぼけてますけど雰囲気はわかって貰えるでしょうか。
| スズメバチ > 研究と考察 & 裏技 | 12:20 | - | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/kenkyu/eid110.html

気位の高い女王蜂同士・同居計画!! 発動

復活した スズメバチ 女王 アレクサンドラ
先ほどの記事で書いたもう一匹の女王蜂のことですが、 ピクピクして死んだかなと思ってもまた動き出すのを繰り返しているので『手乗りスズメバチ( しかも女王)計画!!』はちょっと置いといて、新しい計画を立てました。名づけて

『気位の高い女王蜂同士・同居計画!!』

内容は今飼っているもう一匹の女王蜂と一緒の瓶に入れたらどうなるかというものです。

それでペットボトルから出そうとしたのですが途端に羽根をブンブンいわせて元気一杯に中で飛び回ります。今までの瀕死の状態は芝居だったのか!! えぇ!

5〜6時間は御馳走の中で溺れていたのにこの元気一杯の状態です。油断すると逃げ出すわけです。やっぱり私が甘かった。

「出す時に逃がしたらどうしよう。もし女王蜂じゃなかったら刺されるかも・・・」

とか思いながらやっとの事で同居させましたが、先住者の女王(名前をアレクサンドラにします)は夜中中動き回っていたせいかティッシュの細切れの中で休ん でい るようです。新参女王(おてんばのマリアンヌ)との対面はもう少し時間が掛かりそうです。

ところがビンをひっくり返してみるとどうやって入ったのか、女王アレクサンドラが乾燥剤の袋の端をガジガジとかじっていました。巣作りでも始めるつもりで しょうか?

今のところ両者を底上げ用のダンボール紙が隔てていますので対面できません。さていつになったら対面できるのか?またその結果は・・・
| スズメバチ > 研究と考察 & 裏技 | 15:10 | comments (0) | trackbacks (0) | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/kenkyu/eid123.html

気位の高い女王蜂同士・同居計画!! 対面編

気位の高い女王蜂同士・同居計画 しきりが2匹を隔ていては何時までも2匹の対面が実現しそうになかったので棒を突っ込んで間の厚紙を無理 矢理 ねじ曲げ通路を作りました。

そしていよいとアレクサンドラとマリアンヌは対面、2匹はお互いを意識しています。そして壮絶なバトルが・・・

気位の高い女王蜂同士・同居計画 と期待した皆さん、ごめんなさい。そこには予想外の事態が展開されまし た。
2匹は触覚をふれあい挨拶しています。

「こんにちは、アレクサンドラ様」
「やぁ、こんにちは、マリアンヌ。あなたも捕まったのですね」
気位の高い女王蜂同士・同居計画 なんと、2匹は知り合いなのか。互いに臭いをかいでいます。

「まぁ、アレクサンドラ様、そんな所を匂わないで、恥ずかしいわ」

「何を言うの、マリアンヌ、親愛の印よ! 失礼ね!」

気を悪くするアレクサンドラ。
気位の高い女王蜂同士・同居計画 「もう知りません」

と言ってアレクサンドラはマリアンヌを置き去りに、

「あっ、待ってアレクサンドラ様 お許しください」

気位の高い女王蜂同士・同居計画 敬拝を捧げるマリアンヌにアレクサンドラ女王はやっと機嫌を直し、
「わかってくれたのね。マリアンヌ。今、私達はとらわれの身でこの狭い牢獄の中にたった二人きりなのよ。仲良く、協力しなければいけませんのよ。」
「はい、アレクサンドラ様」
気位の高い女王蜂同士・同居計画 「アレクサンドラ様、これからどうしましょう」
「そうね。取りあえず、この紙をかじって気を紛らわせましょう」
「はい、かしこまりました。ご一緒させていただきます」
気位の高い女王蜂同士・同居計画 そして夜になり、仲良く寄り添い、寝ていた2匹に煌々と照らされるライト。魔神の押すシャッター音が鳴り 響くので した。

と言うことでおおかたの予想を裏切り、仲良く添い寝する2匹でした。スズメバチって同族同士は皆こんなに仲が良いのでしょうか?もしかしたら1つ巣の家族 だったのかもしれません。でも新・女王蜂って巣立ったらもう巣に帰らないんじゃないでしょうか?巣立って行ったのにまた巣に帰っていたら出戻り女王蜂に なってしまいます。・・・うぅーん、何故、ケンカしないんだ、と叫びつつ、またあした。

お休みなさい。
| スズメバチ > 研究と考察 & 裏技 | 05:10 | - | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/kenkyu/eid132.html

『ビンの中の2匹・囚われ日記』 日常生活編 No.1

後から入れたマリアンヌはアレクサンドラに比べて一回り小さい、もしかしたら女王蜂ではないのかもしれない。・・・のでタイトル変更。『ビンの中の2匹・ 囚われ日記』にしました。

さてビンに移してから今まで何も餌をやっていなかったのでそろそろ餌を与えようと思います。生き物を飼う時はすぐは朝を与えないのが私のやりかたです。

何故かというと「お腹がすかないと食べ物の有り難みがわからない」からです。誰でもお腹がすいた時に食べ物をくれた人には好印象を抱くでしょ。これも将来 の『手乗りスズメバチ( しかも女王)計画!!』の為です。

餌はいつもの御馳走です。市営のリユースプラザで貰ってきていた小さなガラス製のおちょこにキッチンペーパーを丸めて入れて、そこに御馳走を染み込ませま す。出し入れがスムーズに出来るように、両側にビニールヒモをセロテープでとめて準備OK。フタを開けてセット完了です。
※ちなみに私はお酒は飲めません。

さて2匹の会話を聞いてみましょう。

2匹の同居生活 「アレクサンドラ様、御馳走の匂いがします。アレクサンドラ様、アレクサンドラ様ぁ〜、どちらにいらっ しゃいますか?」
「マリアンヌ、遅いわよ。あなたも早く戴きなさい」
「まぁ、アレクサンドラ様、もう戴いていたのですか。いつもながら素早いですね。」
2匹の同居生活 「まぁ、なんて失礼なことを言うのマリアンヌ。私達は囚われの身、いざというときに体が弱っていては戦え ませんのよ。食べられる時にしっかり食べておくのが女王としての務めなのです。あなたも早くしなさい」
黙々と食べるアレクサンドラ。バタバタと行ったり来たりするマリアンヌ・・・。
2匹の同居生活 「マリアンヌ。食事の時にバタバタとはしたないですよ。それに何です、その白い手足は、すぐに洗ってい らっしゃい」
「うっ。これはアレクサンドラ様が乾燥剤の袋をかじって中身をばらまいたからそれが付いたのです」
「まぁ、マリアンヌ、私のせいだというの。あなたは今日は食事抜きです」
2匹の同居生活 やっと満腹になり食事を負えるアレクサンドラ。マリアンヌはしかられたのでいじけている。

「マリアンヌ、何をしているの。まぁそんな所でいじけているのね。さっきは悪かったわ。機嫌を直してちょうだい」
2匹の同居生活 なおもいじけているマリアンヌ。

「マリアンヌ。あなたも早く来て御馳走を戴きなさい。・・・あっ、それからお食事をしたら私、もよおしてきましたわ。そこに出しておきますから後で片づけてお いてね」
2匹の同居生活 そそくさと用を足し、休憩するアレクサンドラ。そこにはウンチがしとやかに落とされていました。
2匹の同居生活 真っ白になった体で「やっと私の番!」と御馳走に急ぐマリアンヌ。

御馳走の御陰で何とか2匹の中は元通りになったようでした。
2匹の同居生活 そして突然、夜になり、ぐっすり眠る2匹。
アレクサンドラはベッドで、マリアンヌ壁につかまって寝ています。

触覚を顔の前に垂らしてちょっと丸くなって寝ているマリアンヌ、お腹はピクピク動いています。アレクサンドラはぐっすり熟睡、お腹も動いていません。

こうして2匹の1日は過ぎていくのであった。囚われの身になり2日目。さて2匹の運命や、如何に!
| スズメバチ > 研究と考察 & 裏技 | 22:52 | - | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/kenkyu/eid130.html
前ページ | 次ページ

by A8.net