<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カテゴリ


新しい記事


過去の記事


リンク
サイト内検索
お知らせ
PROFILE
新しいコメント


スズメバチ駆除回想録 No.1 検診のおばさんが刺された

導入編でも書きましたがこれは去年の話です。その頃は写真を撮っていないので画像はありません。お話だけです。

2004年9月某日

電気の検針員のおばさんが足をスズメバチに刺されたらしい。
電気のメーターは我が家の西側の壁面に付いている。そこはすぐ竹藪に面している。あまり草刈りをしていない。

後で聞いたが腫れ上がって大変だったそうである。
そう言えば最近スズメバチが我が家のまわりを沢山飛んでいる。
近所のおばさんも「あんたとこに巣があるみたいよ」と言っていたそうである。私も気になってちょっと見てみたがあの大きな丸い巣は見つからなかった。

それから数日。滅多にしない庭の草刈りをしていたら突然スズメバチの大群が襲ってきた。その時の話は1つ前の記事で書きました。


それで「駆除には3万掛かる。大きさや位置によってもっとかかる」と言われていたので自力で駆除しることに。でもスズメバチの怖さは子供の頃、山に虫取りに行っていた頃からしっかり味わってきたし、1度刺されているので今度刺されると死ぬかもしれないという恐怖からしっかり計画を立てて実行することにしました。

巣は壁の中にあるので袋をかぶせて落として燃やすなんて事は出来ません。火を掛けると家が燃えてしまう。結局、ハチ用の殺虫剤を使うことにしました。ホームセンターで1本2000円近くしました。2本購入。

さらに近づくと刺される危険性があるので防護服も必要です。専門の人が使う格好良いのはとても買えませんし何処で売っているのかわからないので、同じくホームセンターでカッパを購入しました。4000円位だったような・・・。それに手を刺されないようにゴム手袋。

これで材料は揃いました。

今日はこの辺で。続きはまた後日。
| スズメバチ > 駆除体験記 | 00:08 | - | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/taikenki/eid86.html

スズメバチ駆除回想録 No.2 なんで夏の暑い時期にこんな思いまでして・・・

2004年9月某日

さて器具の準備が整ったのでいよいよ駆除に取りかかりました。突撃する時間帯は スズメバチ が寝静まる夜にしました。

季節は夏。9月の初め頃だったと思います。その暑い中でスズメバチに刺されても良いようにしっかり服を着込みました。その出で立ちですが、

まず下はトレパンを2枚重ねではきました。上はトレーナーを2枚重ね。さらにジャンパー。そしてその上からホームセンターで購入した雨合羽を着て帽子を被り、靴は革靴にビニール袋をかぶせてはきました。手にはゴム手袋。

さらに丈夫なビニール袋を頭から被り、穴を開けて両腕を出し、輪ゴムできつくしばりました。

そして顔の前に小さな穴を空けて、そこからストローを5本さしこんで口にくわえました。勿論息をする為です。
※皆さんもビニール袋を頭から被った経験があると思いますが、そのまま息をすると袋の内面が曇って外が全く見えなくなります。その為、なるべく鼻で息をせず口にくわえたストローで一生懸命息をしました。

もうこの時点で汗だくだくです。なんかもう命がけでした。こんな物々しい格好をする必要があるのだろうか?今にして思えば自分でもあまりに変な格好だったのでおかしくなりますがその時は必至でした。

夜なので暗くて巣の位置が何処にあるかわからない。車のライトを巣の方向に向けハイビームで照らし、スズメバチ用殺虫剤を手にしていざ出陣。穴に辿り着き、スプレーが空になるまで一気に噴射しました。そして一目散にその場を離れました。しばらくは追いかけても来ませんでしたが、その内、巣穴から次から次へと飛び出してきてました。かなり怒っているようです。(そりゃそうですね)数百匹はいました。私は裏口に回って一旦家に入り、とにかくビニールのかぶり物を取りました。

「ハァ、ハァ、やっと息が出来る」

って感じでした。家にはいるとスズメバチが窓ガラスにガツン、ガツンとぶつかってきていました。1、2匹は家の中に入ってきました。

・・・・

こんな状態で無事に明日の朝を迎えることが出来たのでしょうか・・・


今日はこの辺で。続きはまた後日。
| スズメバチ > 駆除体験記 | 00:52 | - | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/taikenki/eid91.html

スズメバチ駆除回想録 No.3 真夜中に隠れ忍者状態でスプレーしまくり

2004年9月某日

さて前回は、「スズメバチが窓ガラスにガツン、ガツンとぶつかってきて、さらに、1、2匹は家の中に入ってきた。」というところで終わってましたね。

今日はその続きです。


家に入って来たスズメバチはハエ蚊アースを連続噴射して何とか落としました。しかし窓にぶつかってくるスズメバチの大群は恐怖そのものでした。

我が家は古家でもう100年以上前に建ったような木造一軒家、一階の窓ガラスは一枚の戸に12枚位のガラスをはめてあるボロな戸です。しかも何枚かは子供が暴れて割った(家庭内暴力ではありません)ので臨時にエアーキャップを貼り付けて塞いでいます。要するに隙間だらけです。

そこから何匹かのスズメバチが入ってきたのでした。私はすぐに「電気を消して」と家の中の全部の電気を消させました。これでスズメバチたちは窓ガラスにぶつかってくるのを何とか止めてくれました。

ホッとして外を見ると今度は点けっぱなしにした車のヘッダライトに向かってスズメバチの大群がぶつかっていっています。その数は100〜200匹位いそうです。

このまま放っておくと明日の朝が大変です。「よしっ!」と決意してまたビニール袋を被り、ストローをくわえて、外に出てヘッドライトの光の影から忍者のように隠れてハチに向かってハエ蚊アースを吹き付けました。ハチ用の殺虫剤ではないけれどこれは結構効果があるようでハチはどんどん落ちていきました。

30分位ハチが集まってくるたびにスプレーして何とか一匹もいなくなりました。「これで一安心」とホッとして車のライトを消して、家に入りました。

カッパを脱ぎ、ジャンパー、びしょ濡れになった2枚重ねのトレーナー、ジャージを脱ぎ、(お風呂に入ったような気がしますがハッキリ覚えてません)着替えました。

そして蜂の巣がある所の壁に近づくとワーン、ワーンとスズメバチの羽音がします。まだ死んでない、一杯生きている。またまた恐怖が襲ってきました。もしも怒ったスズメバチたちが壁を食いやぶって部屋になだれ込んできたら防ぎようがない・・・。

恐ろしくてもどうしようもありません。仕方なくスズメバチが壁を食い破っても部屋に入って来れないように本棚を壁に押しつけました。

不安だけど仕方がない。開き直るしかありません。その夜はそのまま寝ることにしました。


今日はこの辺で。続きはまた後日。
| スズメバチ > 駆除体験記 | 02:08 | comments (0) | - | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/taikenki/eid95.html

■スズメバチと戦う為の研究と対策 (実践日記)

■スズメバチと戦う為の研究と対策 (実践日記)

去年も今年もスズメバチに刺され死ぬ思いをした私の スズメバチ 被害撲滅 への願いを掛けて作たサイトです。

スズメバチ被害に苦しんでいる方は是非見に来てください。

来年は力を合わせて スズメバチ被害 を極力減らしましょう。
| スズメバチ > 駆除体験記 | 11:54 | - | trackbacks (0) | ▲このページの先頭へ
この記事のアドレス | http://life.wiki119.com/log/suzumebati/taikenki/eid9.html
前ページ | 次ページ

by A8.net